セラミドのサプリならセラミド専門通販のブライトニングケア

セラミドのサプリについてならブライトニングケア公式通販

  • カート

年齢に負けないセラミド

セラミドは年齢とともに減っていきます。肌の弾力がなくなるのもハリが出なくなるのも、加齢とともにセラミドが減ってきているからです。年齢に負けずにセラミドを減らさないようにするにはどうしたらよいでしょうか?

1, 年齢とセラミドの関係

皮膚で生成されるセラミドは年齢を重ねるほど減少し、50歳代では20歳代の約半分まで張ってしまうと言われています。セラミドが不足することで、肌の水分量は80%も低下すると言われています。
水分を失った肌は、乾燥しシワやたるみが増えていきます。年齢とともに肌が乾燥しやすく、シワやたるみができやすくなるのは、セラミドが減ってしまうためです。バリア機能も低下し肌の新陳代謝が衰え、肌はくすみやすくなります。肌老化が始まると、一気に肌に弾力もハリもなくなっていきます。

しかし誰もが同じように肌の乾燥を引き起こしているわけではありません。
同じ40歳でも、肌にハリやツヤがある人もいれば、60歳くらいに見えてしまうほどシワが多い人もいます。
それはもともとの肌質もありますが、生活習慣やスキンケアによるもの。喫煙をしている人は肌の老化も進みやすくなります。セラミドを減らしてしまうのも、増やすのも、酢正しいスキンケアと生活習慣が関係しているのです。

2, 年齢に見合ったセラミドを

一晩徹夜をしても次の日には肌がぴんぴんしている、というのは20代まででしょう。
20代は特に何のスキンケアをしていなくても、肌にハリや弾力があり、ツルツルとした肌を保っていることができます。
しかし30代になると、乾燥しやすくなり、徹夜などをした翌朝はクマができ、肌はカサカサになってしまいます。それもセラミドが減少し、肌の保湿力が低下してしまうからです。
肌に保湿は大切ですが、10代や20代で高価なセラミド美容液などを使う必要はありません。
もちろん、年齢が若くてもスキンケアは必要ですが、過剰なスキンケアは肌を甘やかしてしまい、肌本来の機能が向上しません。肌を大事にすることは必要ですが、過剰なケアは必要ないのです。

若い年代に必要なのは正しい洗顔と保湿。保湿は美容液などではなく乳液で十分でしょう。
30代になったらそれだけでは不十分です。セラミドを減少させないための正しい洗顔と保湿のほか、角質ケアなどで肌の機能を高めるサポートをしてあげることが必要になります。

3, 年齢に合ったセラミドの取り入れ方

保湿美容液を使っているのに肌が乾燥してしまう、という人もいるでしょう。
その場合、保湿成分にも着目しましょう。保湿成分にはさまざまな種類のものがありますが、保湿力が高いのはセラミドです。肌の乾燥がひどい場合は、セラミド配合の美容液を使うといいでしょう。

セラミドの化粧品を選ぶ際にポイントとなる年齢は40歳と言われています。
セラミドの減少が深刻化し、化粧品で補う必要が出てくる年齢なのです。
その年齢に必要なのは、セラミド成分が高く配合され、肌に浸透しやすく、しっかりと肌に届くものです。

セラミドの質にも注意が必要です。合成セラミドよりもヒト型セラミドを選ぶようにしましょう。
ヒト型セラミドは保湿力が高く、肌への浸透力も高いです。また、年齢が高くなると肌が乾燥していたり、敏感になっていたりすることが多いので、肌への刺激が少ないことも大事です。
ヒト型セラミドは、肌に低刺激で肌の弱い人でも安心して使えるセラミドです。

年齢とともに減少していくセラミド。50歳代になると20歳代の半分になってしまうと言われています。
セラミドの減少を少しでも防ぐためにも、年齢に合った保湿ケアをすることや年齢に適したセラミド化粧品を選ぶことが大切です。

 - , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

セラミドで、ニキビ跡が消えるって本当?

「セラミドの化粧品を使っていたらニキビ跡が消えた!!」 と友人が言っていました。 …

パイナップル生まれの新しいセラミドとは

セラミドという言葉を耳にしたことがある方は多いはず。 セラミドはパイナップルから …

天然セラミド化粧品で美肌になろう

セラミドが配合された化粧品には、合成セラミドや天然セラミドと言われるものがありま …

セラミド配合化粧品を効果的に活用する方法

保湿力の高いセラミド化粧品を使っているのに、肌が乾燥するということもあるでしょう …

正しい洗顔で美肌
正しい洗顔で保湿力アップ

肌の保湿力を上げたいなら、洗顔方法を見直してみましょう。 洗顔は肌の皮脂を過剰に …

敏感肌の人にこそ「セラミド」がおすすめ?!

敏感肌でも使える化粧品を探していると セラミドという成分に出会います。 敏感の人 …

セラミドの種類
セラミド1、セラミド2、セラミド3の違い

化粧品に配合されるセラミドには種類があります。その中でもセラミド1・セラミド2・ …

乾燥肌には「セラミド」と「ヒアルロン酸」どっちがいいの?

乾燥肌に効果がある成分として有名な、 セラミドとヒアルロン酸。 どちらのほうが効 …

真夏のお肌には、セラミドのサプリが必須?!

今年も夏がやってきました!! 汗をかくということもあり、 「夏の保湿は十分!!」 …

紫外線からのダメージ
セラミドで若返り

年齢的な肌の悩みは、シワ・たるみなどでしょう。 これらは肌の水分量が減り、コラー …

上に戻る