セラミドのサプリならセラミド専門通販のブライトニングケア

セラミドのサプリについてならブライトニングケア公式通販

  • カート

正しい洗顔で保湿力アップ

正しい洗顔で美肌

肌の保湿力を上げたいなら、洗顔方法を見直してみましょう。
洗顔は肌の皮脂を過剰に取ってしまうことがあるため、その後の乾燥を招きます。
潤いは残しながらも汚れを落とす方法に切り換えれば、ダメージ肌を防ぐことにも繋がります。

1, こんな洗顔は保湿力を弱める!

間違った洗顔は肌の潤いを逃がし、炎症が起きてシミの元になったりもします

。美肌に気をつけている人程、意外と間違った洗顔をしているのです。保湿力を下げるNGとなる洗顔方法を幾つか紹介します。

・泡立てず洗顔する

石鹸や洗顔フォームはしっかりと泡立てましょう。

泡の弾力があってはじめて肌への刺激が緩和されます。直接顔に塗ったり、泡立てが不十分だったりすると摩擦が増えます。

・熱いお湯での洗顔

熱いお湯は皮脂を多く取ります。顔が乾燥するという方は見直しましょう。

・強く擦る

小鼻の周りなど汚れが気になる箇所にやってしまいがちです。
肌には自浄作用があり、ホコリ程度の汚れならぬるま湯でも落ちます。

またメイクを落とす際にも強く擦る人もいるでしょう。肌への刺激はメラニンを発生させ、シミや肝班の原因ともなるため注意してください。
・洗浄力の強い洗顔を使う

ピーリングタイプの洗顔フォーム、皮脂をすっきり落とす男性用など、洗浄力が強いほうが良いと思うのは間違いです。

皮脂が浮いてくるのは肌に潤いが不足しているからで、洗顔で自分の皮脂を落とせば悪循環になります。

2, 肌タイプ別保湿力を上げる洗顔方法

正しい洗顔は良く泡立てた洗顔フォームを使い、泡のみで優しく行う方法です。

すすぎは十分に、摩擦を極力抑えましょう。更に肌別の保湿力を上げるためにの洗顔方法を使い分けることをおすすめします。

・脂性肌タイプ

基本の洗顔方法を元に、朝と夜2回洗っても構いません。
皮脂が気になるTゾーンから先に洗うと、乾燥しやすい場所とのバランスが良くなります。

もし毛穴の汚れが気になるようなら、夜の入浴の際に蒸しタオルで毛穴を開いてから洗顔すると効果的です。
その場合には決してTゾーンをゴシゴシ擦らないことです。

・乾燥肌タイプ

肌が乾燥している方は皮脂の量が少ないため、洗顔の回数を見直しましょう。
洗顔フォームを付けるのは夜のみにし、朝はぬるま湯だけでOKです。寝ている際にはあまり汚れないため、軽く洗うだけで汗やホコリなどは落ちます。

・混合肌タイプ

この肌の方はインナードライにより、肌が乾燥してTゾーンのみ皮脂が浮いている可能性があります。
ゴシゴシ洗いは禁物で、保湿力のある洗顔剤に変えて保湿ケアを十分すれば改善することがあります。

3, 保湿力が高い洗顔石鹸の成分

肌の保湿力が低下している方は、潤い力が高い洗顔石鹸を選んでみましょう。

汚れを落とすものだから、保湿力が高い石鹸は要らないという考え方は間違えです。石鹸自体に保湿力があれば、肌の皮脂を奪いすぎません。

例えばオリーブオイルが原料となった石鹸があります。

マルセイユ石鹸、アレッポ石鹸などヨーロッパ地方の伝統ある石鹸が有名です。オリーブオイルをたっぷりと使い、長期間熟成しているのが特徴的で、肌に刺激となる成分は含まれていません。中にはシャンプーとして使う人がいるほど、その保湿力は高くなっています。

ほかにもシアバター、ココナッツオイルなどの植物性油脂を原料にした石鹸もおすすめです。
これらはスキンケア成分としても使えるもので、肌への馴染みが高くサラッとした使い心地なのに、肌へ潤いを届けてくれます。

ココナッツオイルは海外セレブが愛用することでも注目されている成分です。どちらも植物性で肌に刺激が少ないのが特徴的です。

肌の乾燥で悩んでいる方は、洗顔方法も見直してみましょう。元々持つ皮脂を落としすぎなければ、次に付けるスキンケアの効果も高まるというものです。

皮脂が残れば洗顔後のツッパリ感が減り、肌本来の潤いが上がったように感じられますので是非試してみてください。

 - , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

適度な運動
セラミドを増やす生活習慣

セラミドは加齢とともに減少していくものですが、生活習慣によって減少を抑えることが …

セラミドの種類
セラミド1、セラミド2、セラミド3の違い

化粧品に配合されるセラミドには種類があります。その中でもセラミド1・セラミド2・ …

夏に最適の保湿ケア
夏に最適の保湿ケアは?

夏に保湿ケアは不要と感じている方も多いでしょう。でも肌は意外と乾いており、夏の肌 …

敏感肌の人にこそ「セラミド」がおすすめ?!

敏感肌でも使える化粧品を探していると セラミドという成分に出会います。 敏感の人 …

セラミドを増やす食べ物って?

セラミドは肌の角質層の中にある 細胞と細胞の間でスポンジのような役割をするもので …

パイナップル生まれの新しいセラミドとは

セラミドという言葉を耳にしたことがある方は多いはず。 セラミドはパイナップルから …

セラミド配合化粧水を肌に吸収させるには?

セラミドは水に溶けにくいという性質があり、化粧水より美容液やクリームでの使用をす …

セラミドを減らさないための豆知識

さまざまな美容効果があると言われ女性のあいだで注目されている成分がセラミドです。 …

セラミドをたくさん含む食べ物
セラミドなんでもランキング

美容効果の高さで多くの女性から注目を集めているセラミドですが、ここではセラミドの …

究極の保湿対策、セラミド入りクリーム

乾燥肌の人にとって保湿は非常に重要なスキンケアです。 現在ではさまざまな保湿アイ …

上に戻る